口が臭い女性とは?

口が臭い人の原因とは?

口臭は自分で気づくのが難しいので知らず知らずのうちに人にスメルハラスメントをしている事も…。

あなたの女友達や仕事の同僚の口が臭い場合、あなたは指摘することができますか?
…簡単にはできないですよね?

つまり、あなたが口が臭っていても周囲の人は注意できないんです。臭いはそれだけデリケートな問題です。ただ、

⇒ただ、口臭は原因の解明と正しいケアで簡単に改善する場合も多いです。

私も口臭が原因で人とうまく話せない女性の一人でした。でも今は臭いに対するコンプレックスが解消して自信が満々な女になりました(笑)!!一緒に口臭について考えていきましょう。

舌の表面が白くなる舌苔



口が臭い理由の8割が舌から発せられている揮発性硫黄化合物などが原因といわれています。舌を清潔に保つことは臭いのない清々しい息を保つためにとっても重要です。

舌はその大部分の表面が糸状乳頭と呼ばれる細く小さな突起が集まってできています。複雑な溝が沢山あるため臭い息の原因になる細菌や汚れが集まってしまい、舌が白くなってみえる舌苔(ぜったい)になりやすいです。特に糸状乳頭が長い人は乳頭の間に汚れがたまり臭いに繋がりやすいので注意です。
舌の周りがデコボコになっていない?

舌周辺や縁が自分の歯型でデコボコしてしまっている場合は舌の筋力の低下から唾液腺も弱くなっている場合もあります。そういう方は舌苔や口のニオイが強くなりがちです。鏡を見て大丈夫かチェックしてみましょう。

歯垢が溜まっている


歯磨きが不十分で歯垢(プラーク)が溜まっているとそれが口臭の原因になります。ただし、歯垢の集積だけでは強烈なニオイはしません。歯垢とは爪で歯を擦ると採れる白くネバネバした物体(細菌の塊)です。そのまま2日間ほど放っておくと歯石といって硬い物質になってしまい歯肉炎や歯周炎などにつながってしまいます。
歯と歯茎の間の溝にも気をつけて

歯と歯茎の間は溝があり歯垢が溜まりやすいスポットになっていて、放置してしまうと歯石になってしまいます。歯石にはミクロの穴が開いていてその形状から細菌の巣になりやすく、悪化すると歯槽膿漏になり歯を失う可能性も…

また、歯周病菌が出すガスが要因で炎症を起こすと膿が出る場合があり、この膿が凄く臭いニオイを発します。歯周病の方は口が臭くなっているかもしれないので注意です。
正しい歯磨きの仕方

これらの歯のトラブルを避けるためには普段からしっかりとした歯磨きを心がけることが大切です。簡単にできる磨き方としては歯と歯茎の間に90℃に歯ブラシを当てたら2〜3ミリ幅で小刻みに振動させるスクラビング法があります。

生理周期との関係


女性の生理前や生理中はホルモンバランスの変化によって雑菌に対しての抵抗力が落ちて口臭が出る場合があるそうです。

私自身(30代女)はそんな経験は無い気がしますが、実際に口コミなどでは旦那さんや彼氏、母親などから臭いを指摘されたという女性もいました。

扁桃腺


扁桃腺は体内にウイルスなどが入らないように見張って捕獲してくれるガードマンです。そんな扁桃腺にはボコボコと穴が開いる形状になっているので白血球の死骸や大腸菌、歯周病菌などが付着するので臭いの原因にもなり得ます。
臭い玉にご注意

扁桃腺に溜まった白血球の死骸や細菌による乳白色の塊は通称『臭い玉』(膿栓)といいニラやニンニク、下水道などに似た臭い(悪臭)を放ちます。そのまま放置しておくと石灰質になって硬くなります。くしゃみや咳の時にポロッととれることがあるそうです。

胃腸


腸内環境が乱れて下痢や便秘が続くと、食べ物や排せつ物が発酵したできたガスが発生します。匂いは卵が腐ったような臭いがします。胃炎や胃潰瘍、胃ガンの様な胃腸の不調や病気の場合にも口臭が発生する場合があります。

口臭がなくなった明るい未来

女性はにおいに敏感と言われています。
『女同士会話をしていたら相手が顔を背けた』
『話している人が鼻の所に指をあてている』

こんな現象が起きたらあなたの息が臭いのかもしれません…。


自分の口のニオイは自分ではわからないですよね。臭いに不安があると何に対しても消極的になりがちです。本当は話したい人に声をかけれない。そんな経験をしていませんか?

⇒口臭は人の行動を消極的にするかも…

逆に口のニオイに心配がなくなれば今よりも自信が持てますし、仕事や恋に積極的になれると思います。
外出が怖くなくなりますし、至近距離でも臭いを気にせず人と話しやすくなります。

簡単な治し方や口臭対策はないの?

では、ここからは具体的な口臭対策について書いていきたいと思います。簡単にできるものばかりなので今日から下記の臭い対策を始めてみてください。

歯磨きは基本


歯磨きは口臭予防や臭い対策の基本です。小まめに歯磨きをする習慣を身につけましょう。
その時同時に舌ブラシで舌も綺麗に清掃しましょう。歯ブラシでの舌掃除は刺激が強すぎて出血するかも知れないのでおすすめはできません。

歯磨き時に特に注意して磨いてほしい場所は
『歯と歯の間』
『歯と歯肉の間』
この二つは臭いが発生しやすい場所です、磨き残しがないように注意してください。
歯ブラシの硬さはどうすれば?

歯ブラシの硬さは『ふつう』と記載されている物がスタンダードです。歯ぐきから血が出るほど強く磨きがちな人は柔らかめを、逆に力が弱いという人は硬めを使うのが良いでしょう。
デンタルフロスでさらに強力に清掃

歯と歯の間は虫歯になりやすいポイントです。歯磨きでは落とせなかった汚れや歯垢はデンタルフロスできれいにしましょう。

定期的に歯医者に行く


歯垢は時間が経つと歯石といってカチカチになってしまいます。こうなってしまうと歯ブラシで落としにくく口臭の要因である歯周病になることも。歯医者で歯石をキレイにしてもらいましょう。


予防目的の検診の場合は保険適用外となるため費用はかかってしまいますが、成人の場合は歯周病になっている人も多く大抵の場合は治療になり保険が適用されるケースが多いでしょう。私も定期検診では歯周病の治療になり保険適用です。

口と腸に効くサプリメントがオススメ


しっかりと口腔ケアしているけど、それでも自分の口の臭いが心配という人は口臭に効果を発揮するサプリメントを活用しましょう。サプリメントならなんでもいいというわけではなく、口内環境と腸内環境同時に作用してくれるのがイチオシです。

⇒『口』と『胃腸』同時にケアできるのを選ぼう!

口内の原因菌のケアだけでは不十分な場合もあります。腸内フローラなどのお腹の内部にも働きかけるサプリメントを選ぶことによってより強力にニオイケアができます。購入したらサプリメントは継続的に飲むものなので初めに高品質なものを選びましょう!

⇒毎日飲むものだからサプリメント選びで失敗しないで!

こんな人は口臭が発生しやすい?

口臭を発生させる主な原因は細菌です。口腔内の細菌数はとても多く、その種類は300〜700種類も存在しているといわれています。総数にすると1000億個から1兆個と膨大な数です。その菌中には病気や疾患の原因菌でもあるカンジダ菌、緑膿菌、肺炎桿菌、黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌なども含まれています。

臭いの原因になる細菌は、食べ物のカスや口の中の剥がれた細胞などのタンパク質を分解して、硫化水素やジメチルサルファイド、メチルメルカプタンなどを作り出しこれが臭いの原因になっているんです。

ただし唾液に溶け込んでいる時はそこまで気になりません。口が乾くことによって気化して匂いの原因になります。

唾液分泌量の低下


唾液には殺菌作用があるなど口内を清潔に保つ自浄作用が働きます。また、口腔内が酸性に傾いた時に中和してくれるので、虫歯になりやすくなる脱灰を防ぎ、ミネラルによって歯の再石灰化を促してくれます。

そんな唾液の分泌量が低下してしまうドライマウスは口が臭くなる場合もあり、なるべく避けたいです。
唾液の分泌量が低下する原因としては『加齢』、『ストレス』、『鼻詰まり』、『生活習慣』、『更年期障害』などです。

口がネバネバするようになったり、食べ物の味がよく分からなくなったりしたら唾液の分泌量が減ってきて臭いが出ているのかもしれません。

やってはいけない生活習慣とは?


唾液の分泌量は自律神経と関係があり、副交感神経よりも交感神経が活発になると唾液の出る量が減ってしまいます。そんな唾液量の低下する原因の一つに生活習慣の乱れがあります。では、生活習慣の乱れとはどのようなものなのでしょうか?
甘いものや油もの

甘いものは口の中を酸性にする働きがあり、臭いが出やすい環境づくりの手助けになるので甘いものはできるだけ控えましょう。その他にも虫歯になるなど、口臭にとっては良いものではありません。

日本人の消化吸収に適していない動物性の油脂も消化が悪く腸内で腐敗が進み臭いの原因になるガスを発生しやすくなるので注意です。
アルコールやたばこ

疫学研究によると、アルコールは口臭の大敵である歯周病を促進させる効果があるのではないかといわれています。歯周病が進行すると口臭ばかりではなく、歯を支えている歯槽骨を溶かしてしまうかもしれません。

女の人で吸う人は少ないですが、たばこにはタールやニコチンなど口が臭くなる原因の成分が含まれています。タール(やに)はそれ自体が悪臭を放ちます。また、ニコチンは血液の循環機能が低くなりドライマウスの原因になります。口の臭いが気になる場合は禁煙がおすすめです。喫煙者にとっては難しいのでしょうが…
カフェインもダメ

利尿作用があるコーヒーやエナジードリンクを飲みすぎると体内の水分量が減って結果的に口の中の唾液量も減ってきて口が臭くなることもあるんです。また、コーヒーの成分自体が舌に張り付いて不快な臭いを放ちます。
処方された薬による副作用

日本人は薬を飲む人が多く服用大国といわれています。高血圧や抗うつ、花粉症、糖尿病、女性に多いシェーグレン症候群などの症状や薬が要因でドライマウスになる人もいます。

普段の生活で気をつけたいポイント

ガム


ガムを選ぶ場合は虫歯の原因である砂糖がないシュガーレスタイプのものを選びましょう。しかし、口の中がスッキリしそうなミントは一見口臭に効果的に感じますが、ミントの香料は唾液の分泌量を抑える働きがあり良くないそうです。なので、人工甘味料を使っていない無香料のものが理想ですが、そんな商品はコンビニやドラッグストアではなかなか買えないですので、ミントのものでもいいと思います。

ガムを噛むという事自体、アゴと舌を動かし唾液腺を刺激するために唾液の分泌が増え口臭予防になります。女性陣は臭いに敏感ですので、男性は自分たちが感じている以上に気をつけるのがいいでしょう。

水分補給


人間の身体は1日に1.5?もの唾液を日々作っています。唾液の原料は『水、電解質、粘液、酵素』です。

唾液を作るのには水が必要不可欠なので毎日の水分補給は必須です。口腔内の唾液分泌量が減ってしまうと細菌が口臭ガスを生み出しやすい環境にしてしまいます。

水分補給は飲み物(ドリンク)からだけではなく食事などからもできるので、水分補給の量としては1.2〜1.5?を目安に摂取しましょう。特に就寝中は脱水が進み口の中も乾き気味になっています。起床後にも水分補給を積極的に行ってください。また、口の中がカサカサという事は唾液の力が働かず最近も繁殖している状態です。(一説では朝起きた時の口の中の菌の数は排泄物(大便)の17倍もあるんだとか…)朝起きたら歯磨きを忘れずに…

コーヒー以外にお茶もよくないの?


カテキンには防臭効果があり、口臭対策につながりそうですが、お茶の中には利尿作用があるカフェインや唾液の分泌を阻害してしまうポリフェノールが含まれています。ポリフェノールには抗酸化作用がありアンチエイジングに有用な成分ですが臭い対策には向いていないと言えます。

空腹時は口が乾きやすいので普段は水を飲むようにして、食後などにお茶を飲むのが良いでしょう。また、白湯は腸内環境の改善やデトックス効果などもあり女性におすすめです。

 

サイトマップ